膝痛

変形性膝関節症

加齢共に膝の退行変化として関節軟骨の摩耗、半月板の変性、靭帯の変性・弛緩、滑膜の炎症や大腿四頭筋の萎縮などが起き女性に多く見られる。

当院の鍼灸療法

筋肉に鍼を刺入することで筋肉内の血管が広がる(軸索反射)というものが起きます。

それにより老廃物の排出が促進し筋肉に栄養が届くことで筋肉は緩み痛みが軽減します。

更に筋肉の弛緩と血流改善の効果を促進し鎮痛効果を高めるために鍼通電(パルス) や電気温灸器を使用します。膝痛は膝のみだけではなく、その周囲も血流が悪くなったり炎症を起こしたりしますので膝の周囲もしっかりと施術を行います。

滑液包炎

膝関節周囲には靭帯と筋膜と骨との摩擦を避けるため滑液包というクッションがありこれが炎症を起こすと痛みが発生する。

当院の鍼灸療法

筋肉に鍼を刺入することで筋肉内の血管が広がる(軸索反射)というものが起きます。

それにより老廃物の排出が促進し筋肉に栄養が届くことで筋肉は緩み痛みが軽減します。

更に筋肉の弛緩と血流改善の効果を促進し鎮痛効果を高めるために鍼通電(パルス) を使用します。また、関連している筋肉や靭帯も緩めることで患部への負担を減らし痛みが出にくいように施術を行います。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンプを頻繁に行う競技や長距離ランナー等で過度に使いすぎると起こる症状です。

膝のお皿の下あたりが平常時や運動時に痛みが出ます。O脚、X脚、外反膝の方が比較的なりやすい要因としてあります。

当院の鍼灸療法

筋肉に鍼を刺入することで筋肉内の血管が広がる(軸索反射)というものが起きます。

それにより老廃物の排出が促進し筋肉に栄養が届くことで筋肉は緩み痛みが軽減します。

更に筋肉の弛緩と血流改善の効果を促進し鎮痛効果を高めるために鍼通電(パルス) を使用します。